mioのプロフィール

Pocket

mio

当ブログの運営者mioについてまとめてみました。

mioって、どんなひと?

ひよこ

mioは、ギターと小鳥をこよなく愛しているフリーランスです。

2016年4月に新卒の会社を1日で辞め、フリーランスに転身しました。

現在の主なお仕事

  • Webライティング
  • Webサイト・ブログ制作(WordPress対応可)
  • SEO対策
  • BGM制作
  • デザイン制作
  • android・iOSアプリ開発

使えるプログラミング言語

  • HTML
  • css
  • php
  • Java
  • Objective-C

保有資格

  • 社会福祉士 受験資格
  • 社会福祉主事
  • 児童指導員
  • 知的障害者福祉司
  • 珠算・暗算 初段

mioがフリーランスになるまでの道のり

18歳:社会福祉士を志し、福祉系大学に入学

わたしは18歳のとき、社会福祉士になるために福祉系大学に入学しました。

社会福祉士になりたかった理由は、幼い頃にDVを受けたためです。

社会福祉士になって、当時のわたしのように、辛い思いをしている子どもの助けになりたかったんです。

しかし、学費のことを気にせず大学を選んだことにより、大学生時代はお金のやりくりに苦労しました

関連記事: 大学進学を目指しているなら偏差値より学費に着目せよ!

20歳:社会福祉士の道を断念

20歳のとき、社会福祉士の道を断念しました。

理由は、児童心理などを勉強しているときに、過去のDVの記憶がフラッシュバックしてしまうためです。

フラッシュバックとは、過去に経験したトラウマをハッキリと思い出してしまったり、夢にみたりする心理現象のことをいいます。

また、児童支援を学問的に勉強した人と、わたしのように実際にDVを受けた人とでは、着目点にズレがあることを感じました。

児童支援に限らず、福祉支援は、さまざまな専門職が一丸となって行わなければなりません。

例えば、児童支援ですと、社会福祉士や保育士、学校の先生、臨床心理士などがチームとなって支援を行います。

ましてや、社会福祉士はあらゆる専門職の橋渡し的存在でもあります。

周りとズレているわたしが社会福祉士を務められるとは、到底思えませんでした。

わたしは自らのトラウマと着目点のズレを克服できず、社会福祉士の道を断念したのです。

21歳:IT系の道に行くことを決め、就活をする

当時わたしは、自分で稼ぐことに強い憧れをもっていたため、フリーランスになりたいと思っていました。

しかし、周りにフリーランスになりたいと話したところ、「社会経験になるから一度は会社勤めをした方がよい」と反対されたんです。

そのため、そのことに疑問を感じながらも、わたしは大学4年生の夏、就職活動を始めます。

そして、福祉系の道でなく、なにかと話題のIT系に進むことに。

「苦手教科は理系、得意分野は文系」な生粋の文系人間でしたが、なんとかプログラミングスキルを習得しました。

幸いなことに、内定先はすぐ決まりました。

22歳:新卒の会社を1日で辞める

内定先にはじめて出勤した2016年4月1日に、わたしは会社を辞めました。

新卒の会社を辞めた理由は、2つあります。

1つは、もともとフリーランスになりたかったため。

2つは、内定通知書と雇用契約書の内容が異なっており、新卒の会社への信用がなくなったためです。

関連記事: 22歳女が新卒の会社を1日で辞めた理由

23歳:晴れてフリーランスに!

新卒の会社を辞めたあと、すぐフリーランスになるために行動を開始しました!

大学を卒業したばかりだったので、当然貯金はゼロ

キャリアもほぼなく、まさにゼロからのスタートでした。

そんなわたしがすぐ取り掛かったのは、メディアへ自らを売り込んでいくことと、クラウドソーシング「ランサーズ」の活用の2つです。

関連記事: ランサーズってなに?主婦の在宅ワークにオススメ!

現在:フリーランスとしてブログで発信中!

現在わたしは、フリーランスのかたわら、いままでの経験を通して感じたことをブログで発信しています!

社会福祉士として誰かの役に立つことはできなかったけど、ブログで誰かの役に立つことはできるはず。

そんな思いを胸に抱きながら、日々ブログを書いています!

SNS

ツイッターとフェイスブックでブログの新着記事などを発信しています!フォローお待ちしています♡

ツイッター

フェイスブック

お問い合わせ

メール

ご相談や質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームや、 ツイッター フェイスブックにてお待ちしております。

このプロフィールページには、なにかあれば書き足していきたいと思っています。

mioをこれからもよろしくお願いします!

Pocket

SPONSORED LINK