出張先の役所で婚姻届を出したら受け取り拒否されたはなし

Pocket

所在地での婚姻届提出

こんにちは、mioです。

今回は、出張先で婚姻届を出したら受け取り拒否されたときのお話をしたいと思います。

婚姻届は出張先などの所在地でも提出できることになっていますが、私は所在地での提出をオススメしません

婚姻届を「所在地の役場」で提出しようと考えている方はぜひぜひ参考にしてください!

婚姻届は「所在地の役場」でも提出できるはずが…?

婚姻届は、民法第739条と戸籍法第74条によって、届出人の本籍地か所在地の役場で提出できることになっています。

法務省公式Webサイトの婚姻届に関するページに詳しく記載されており、提出方法は下記のように定められています。

届書を作成し,届出人の本籍地又は所在地の市役所,区役所又は町村役場に届け出てください。
なお,届出の際には,届出人の本人確認のため,本人であることを証明する書類(運転免許証やパスポートなど)を持参してください。

引用元:法務省公式Webサイト

提出の際に必要なものは、婚姻届の本人確認のための書類(運転免許証やパスポートなど)。

所在地の役場で提出する場合は、上記2つに加えて届出人それぞれの戸籍謄本が必要です。

所在地というのは、届出人がいま現在いる場所のことを指します。

ok

※日本全土

つまり、旅行先であったり、出張先であったり、役場がある場所なら日本全国どこだってよいのです。

また、本籍地の役場と出張先の役場に電話で確認してみたところ、「出張先での婚姻届の提出は可能」とのことだったので、私たち夫婦は本籍地でなく出張先の役場で婚姻届を出すことにしました。

実際に出張先の役場に提出してみた結果…!?

いらすとや

実際に出張先の役場に提出してみると、担当窓口の職員さんから

「縁もゆかりもない場所で婚姻届を提出するのは前代未聞。受け取れません」

との旨を突きつけられました。

私は法律で所在地での提出も可能だと定められていることを話ししましたが、断固拒否。

提出できないなら仕方ないと帰ろうとすると、職員さんが「念のため戸籍を管理している大元に確認をとってみます」と席を立ちました。

提出してもいいけど、1時間以上掛かるとのこと…

いらすとや

窓口に戻ってきた職員さんの口から出た言葉は、「確認したところ、受け取ることもできますが、手続きに1時間以上掛かる」との旨でした。

1時間以上も掛かると聞いたとき、私たち夫婦は「そんなに時間が掛かるなら、本籍地で出そう」という結論に。

だって、1時間以上も待つなんて…。時間もったいないですからね。

婚姻届は本籍地で提出するのが吉でしょう!

職員さんみんなが今回のような方ではなく、もちろん受領してくれる職員さんもいらっしゃるかと思います

しかし、もし今回のような職員さんに当たってしまったら、あれこれ交渉するのもぶっちゃけ面倒臭いですし、時間もかかります。

ちなみに、本籍地で提出するとサクッと受領してもらえました!

以上の体験から、婚姻届は本籍地で提出することをオススメします

それでは、今回はこの辺で!

Pocket

SPONSORED LINK