金沢駅弁のど黒めしと焼鯖寿司が美味しすぎて絶叫

Pocket

金沢駅

こんにちは、フリーライターmioです。

石川県金沢市にやってきましたー!

北陸新幹線が開通したことにより、テレビ番組などで観光地としてたくさん取り上げられていたので、一度は行きたいと思っていた金沢。

そんなとき、偶然にも金沢に用事ができたため、新千歳空港から小松空港へ飛び立つことに!

金沢駅に到着すると、まず目に飛び込んでくる「鼓門」。

この「鼓門」は、伝統芸能に使われる鼓をイメージされて作られたのだとか。

金沢駅は、アメリカの旅行雑誌「トラベル・レジャー」が2011年に発表した「世界で最も美しい駅14選」の1つに選ばれただけあって、やはりとても美しいです。

「鼓門」の後ろに控えるガラスのドームもまた幻想的でとてもキレイです。

まだ金沢を満喫していませんが、金沢駅に売っていたお弁当がとても美味しかったので、ブログに書いてみます。

北陸名物「のど黒めし」と福井名物「焼鯖寿司

金沢の駅弁

購入したお弁当は、北陸名物「のど黒めし」と福井名物「焼鯖寿司」。

どちらも北海道民の私には馴染みのないもので、初めて口にしましたがとても美味しかったです!

金沢の駅弁

開封してみるとこんな感じ。(画像が暗くてごめんなさい…泣)

「のど黒めし」は、ひじきや人参が入った炊き込みご飯の上にのど黒の切り身が乗っていて、ガンモと佃煮が添えられています。

のど黒を食べてみると、白身魚特有のサッパリとした味わいがありながらも、旨味がギュッと詰まっていてとても美味しかったです。生臭みなどの雑味は一切ありません!

炊き込みご飯にものど黒の旨味が染み渡っており、ひじきと人参の甘みが食欲を増加させます。

ガンモはダシを含んでいて、一口食べると口の中にダシが広がり、そこにガンモの美味しさが交わることで良いツマミに!

とにかく美味しいお弁当でした。

もう1つの「焼鯖寿司」もとても美味しかったです。

私は鯖が大好きで、美味しい鯖を求めて色々なところで食べてきたのですが、その中でも上位にくる美味しさでした。

のど黒めし同様に生臭みなどの雑味は一切なく、あぶらっぽくないためサッパリと食べられます。

鯖がお好きな方はぜひ「焼鯖寿司」を食べてみてください!

金沢グルメはいかほどか!?

どうやら金沢には、「GOGOカレー」というカレー屋さんや「8番ラーメン」というラーメン屋さんが根付いており、いたるところにあるようです。

GOGOカレーには、あの西川貴教さんも来店したことがあるのだとか!

機会があれば上記も食べてみたいと思っているので、食べた際はまたブログでお知らせしたいと思います。

それでは、今回はこの辺で!

Pocket

SPONSORED LINK