【初心者】ランサーズで稼ぐコツその3!評価編

Pocket

how-to-lancers4
こんにちは、フリーライターのmioです。

ランサーズでは、どのようなことをすれば円満な取引をすることができるのでしょうか?

先日、地雷案件の回避方法をご紹介した際に、「地雷案件を避けるためには、評価欄に注目すると良いですよ」というお話をさせていただきました。

参考記事:【初心者】ランサーズで稼ぐコツその2!地雷案件回避編

ランサーズは、依頼毎に評価を付けるシステムになっており、良い評価を付けることもできれば、悪い評価を付けることが可能です。

クライアント(発注側)もランサー(受注側)も、円満な取引をするために、評価を判断材料にしている方がたくさんいらっしゃるかと思います。

今回は、私なりにあみだした良い評価を付けてもらうための仕事方法をご紹介します。

真心を持って仕事をする極意

Panasonic創業者であり経営の神様と謳われている松下幸之助さんは、
売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永久の客をつくる
という名言を残しています。

全く業種が違いますが、私はこれをランサーズに当て嵌めて考えています。
例えば、プロジェクト方式の依頼に取り掛かる場合、「提案→採用→エスクロー(仮入金)→仕事開始→完了→入金」という流れがあるかと思います。

私は、提案を商品と考え、採用された時点で商品が売れたと見做しています。

また、発注側をクライアントという呼び方をしているためぼやけてしまっていますが、ランサーにとってクライアントはお客様です。

今となっては当たり前ですが、Panasonicを始めとする大企業はお客様サポートなどを設け、お客様に対して徹底したサービスを行っています。

ランサー(受注側)が大企業と同じサービスを行えるかと云うと難しいところではありますが、ランサーもそれくらいの心意気で仕事に臨むことが大切ではないでしょうか。

真心を持って仕事をすることが高評価に繋がるのだと、私は思っています。

連絡は丁寧に!意思疎通をしっかり行うことも大切

私はトラブル防止のために、言葉を端折らずに伝えるよう意識しています。

以前、エスクローや入金などお金が絡むことはちょっと言いづらく、促す際は言葉を端折って連絡をしていました。例えば、入金手続きを促す際は「完了報告をさせていただきましたので、ご確認の程よろしくお願い致します」とだけ送っていたのです。

しかし、上記のように言葉を端折って送った後、いつまで経っても入金手続きがされなく、結局「入金手続きしてください」と催促連絡をした苦い経験があります。

二度手間になりますし、何よりちょっと感じ悪いですよね。最初から「完了報告をさせていただきましたので、入金手続きをしていただければ幸いです」と送っていればスムーズに済んだかと思います。

また、相手のニーズ(要望)を引き出す上で意思疎通をしっかり行うことは必要不可欠です。

意思疎通を誤りニーズを履き違えると、お客様を満足することができず、低評価に繋がります。(先日、誤ってしまいました…反省中です)

意思疎通する際のツールについてですが、時には電話やビデオ、直接お会いすることも視野に入れておくと良いのではないでしょうか。

まとめ

上記をまとめると、マジメに仕事をするということです。「マジメ」は円満に取引をする上で必須スキルだと思います。

ご紹介した松下幸之助さんや、銀座まるかん創業者でもあり納税日本一に輝いた斎藤一人さんの本は仕事をする上でとても参考になるため、オススメです。

仕事における基本的な道徳を説いており、誰でもとっつきやすいかと思います。

それでは、また次回をお楽しみに!

Pocket

SPONSORED LINK