ギター初心者に告ぐ!上手くなりたいならこの曲を聴くべし!【アメリカ編】

Pocket

ギターコンテンツ
こんにちは、フリーライターmioです!

突然ですが、私mioは、実はめちゃくちゃギターが好きで、15歳からギターを弾いています。始めた当初は上手くなりたい一心で1日6時間以上ひたすら練習していました。

この記事を読んでいくれているみなさんの中にも、「ギターを上手に弾けるようになりたい!」と思っている方がいらっしゃるかと思います。

そして、「どうやったら上手くなるの?」と疑問を持っているのではないでしょうか?

そういった方にオススメしたいのは、天才的に上手い変態ギタリストをたくさん知ることです!

いろんな変態ギタリストの弾き方や音を見て聴いて、自分の耳を肥やし、テクニックを取り入れていきましょう!

今回は、私が愛してやまない変態ギタリストの曲をご紹介していきたいと思います!

ギタリストの変態さに圧巻され、ドキドキが止まらないはずですよ!

グラミー賞を受賞した超絶変態ギタリスト!Steve Vai

Steve Vai – Building the Church (Live in L.A.)

独自の世界観を超越したギターテクニックにより表現する超絶変態ギタリストSteve Vai。安定性抜群のリズム感、タッピング、アーミング、チョーキングなど全てにおいて規格外です!

さらに着目すべき点は、彼の表現力豊かな演奏!いわゆる泣きギターですね。表現力を付けたいギタリストの方は、ぜひスティーブのライブ映像を見てみてください。

ギターで表現力を出しにくいということは、表現力がないのではなく、表現したいものが具体化されていないということだと思います。

私は、表現力を付けるために、練習にスティーブの表情と身振り手振りを取り入れてみました。そうすると、自分の中で表現したいものが具体化するので、結果的に音色に反映されやすくなったと思います!

計算尽くされた早弾きギタリスト!Paul Gilburt

Mr. Big – Undertow (Official Video)

アメリカを代表するハードロックバンドMr.bigのギタリストPaul Gilburt。彼はまるで計算尽くされたかのような、一寸の狂いもない早弾きをカンペキに弾きこなすギタリストです。

本当にカンペキ過ぎて非の打ち所がないので、ハッキリ言って別次元の人ですね。

完璧主義かつ早弾きが大好きな方には超オススメのギタリストです。

マイケル・ジャクソンと共演したギタリスト!Slash

Velvet Revolver – Let It Roll (Nissan Live)

ハードロックバンドVelvet Revolverとロックの殿堂入りを果たしたモンスターバンドGuns N’ Rosesのギタリストを務めているSlash

スラッシュは、まさにロックなかっこいいリフメロディアスなギターソロを得意とするギタリストです。

彼の登場によってレスポールの売れ行きが急速に伸び、ギブソンなどからは彼のシグネチャー・モデルが発売されています。彼の人気は止まることを知りません!

過去には、マイケル・ジャクソンとライブで共演したことも。スラッシュの奏法は、レスポール好きなギタリストにはたまらないのではないでしょうか?

現代3代ギタリストの1人!元レッチリのJohn Frusciante

Red Hot Chili Peppers – Can’t Stop [Official Music Video]

枯れたギターと称される独特のギターサウンドで人々を魅了しているJohn Frusciante

彼のサウンドは、いらないものを全て削ぎ落とされており、一切の誤魔化しがありません。

そんな途方もない才能を持ち合わせているジョンは世界で高く評価され、白いジミ・ヘンと絶賛されるとともに、2007年ローリング・ストーン誌によって現代3代ギタリストに認定されました!

ジョンは、世界的に人気があるロックバンドRed Hot Chili Peppersのギタリストを経て、現在はソロ活動をしています。彼のサウンドを一度聴いたら虜になること間違いなしですよ!

魔の変拍子バンドDream Theaterの高次元ギタリストJohn Petrucci

Dream Theater – Metropolis pt.1 (Live At Luna Park)

プログレッシブ・メタルバンドの代名詞とも言えるDream Theaterのギタリストを務めているJohn Petrucci

Dream Theaterは意味が分からないくらい変拍子だらけです。本当に意味が分かりません。まさに彼らの音楽テクニックは高次元レベルです。

しかしながら、メロディアスなメロディーも好んで多様しているため、堅苦しさを全く感じません

また、ジョンは正確無比なプレイをする一方で、音楽理論に長けていることからアグレッシブなアドリブを炸裂させます。

他メンバーもそういった一面があるため、ひと味もふた味も違う唯一無二の変態曲を作成し、弾きこなしているのではないでしょうか?

余談ですが、私はDream Theaterを初めて聴いたのはかれこれ8年ほど前だったかと思うのですが、あの衝撃は未だに忘れません。

ギターだけではなく、楽器を弾く方はぜひ一度聴いてみてください!

まとめ

アメリカ人ギタリストの曲をご紹介しましたが、いかがでしたか?

完全に私の趣向によって構成されてはいますが、天才的に上手いギタリストであることを保証します!

ギタリスト好きだけではなく、ロック好きな方もぜひ聴いてみてください。きっと、彼らの魅力にハマるはずですよ!

今後いろいろなギターコンテンツを発信していきたいなと思っているので、ギターに関するご質問やご要望などありましたら、ぜひご連絡ください!

メールフォームツイッターでお待ちしております♪

それでは、次回をお楽しみに!

Pocket

SPONSORED LINK