ブログをパワーアップさせるためにAffinity Designerを導入

Pocket

affinity designer

グラフィックデザインソフト「Affinity Designer」を購入しました!

下記スペックで6,000yen。

  • UI、UX、Webモックアップのデザイン対応
  • Mac/Windowsに対応
  • PSD/AI/SVG/EPS/PDFファイルに対応
  • 2015年Apple Design Awardを受賞
  • 上記のアイキャッチ画像は、私mioがAffinity Designerを使って5分ほどでサクッと作った作品です。

    今回は、私がAffinity Designerを選んだ理由と実際に使ってみた感想をお話ししていきたいと思います。

    Affinity Designerはコスパがめちゃくちゃいい!



    私がAffinity Designerを選んだ理由は、安くて使いやすいためです!コスパがめちゃくちゃいいです。

    Affinity Designerは、Adobe社のIllustratorやBohemian Coding社のSketchの競合的存在のソフトです。

    IllustratorとSketchは、高スペックでとても使いやすいのですが、そこそこいい値段がします。

    3社比較

    ※2017年7月時点での価格

    Illustratorは月々2,180yenから。

    Sketchは約11,000yen($99)。

    Affinity Designerは6,000yen($49.99)。

    3つを比較してみると、Affinity Designerが群を抜いて安いことが分かりますね。

    Affinity Designerは安いのに、抜群に使いやすい!

    affinity disigner

    「安かろう悪かろう」ということわざがあるように、安いとどうしても、「使い勝手が悪いのでは…?」と思いがちですが、Affinity Designerは使いやすいです。

    その証拠といってはなんですが、初めてAffinity Designerを使った私でも簡単にグラフィックを作ることができました!

    作成時に参考にした動画はこちらです。

    使い勝手はIllustratorや以前ご紹介したフリーソフトPixlr Editorにとても似ています。

    参考記事:さよならIllustrator!無料画像ソフトならPixlr Editor!

    デザインにあまり精通していない私でも5分でサクッと作れたので、プロからアマチュアの方までオススメできます。

    今後ブログで活躍すること間違いなし!

    affinity disigner

    先日、自分のブログを読み返して気付いたことがあります。

    それは、圧倒的に図が少なく、文字が多いということです。

    読者の方にとって、文字だけのブログより、図もあるブログの方が絶対に読みやすい・伝わりやすいですよね。

    そこで私は、ブログの図を増やすべく、デザインソフトを購入することを決意。そして、Affinity Designerに行き着ました。

    Affinity Designerは、私のような悩みを抱えているブロガーさんやライターさん、またはデザインソフトを買い換えようと考えているデザイナーさんにぜひオススメしたいソフトです。

    ▽Affinity Designer

    Pocket

    SPONSORED LINK